2015年11月16日
渋谷ヒカリエ8F「川本喜八郎人形ギャラリー」2015年 第2回展示替え

11月14日(土)11:00より、新しい展示内容でオープンしました。

今回は「平家物語」、「落日粟津ヶ原」「鎌倉非情」「一ノ谷」「父子三態」と
四ブロックに分けての展示です。

いよいよ物語は本格的な源平合戦に突入し、軍事の天才・源義経が凛々しい鎧姿で登場。この1年間主役を務めていた
木曾義仲が戦場の露と消えていく様を、また、これから平氏のたどる運命を予感させる展示となっています。


※今回は、サイトでご報告させていただいております8月の保管庫停電による人形損傷事故を受けての展示ということで、
展示人形42体(馬5体を合わせると47体)の中には17体損傷を受けている人形が含まれています。
企画・展示業務を委託されております当プロダクションでは、損傷を受けて展示に支障をきたすものを、着付けと
ポージングを工夫し、また衣装を替えてなんとか展示できる状態にいたしました。

この事故で展示を中止することは、展示を楽しみにして下さっている皆様や、また、出番をまっている人形達にも
申し訳ない!その想いで、スタッフ一同一丸となって10月19日から約1か月間補修を含めて準備を進め、
何とか公開にこぎつけました。

その間にも、川本ファンの皆様から熱い声援をいただいております。
ご声援下さっている皆様、本当にありがとうございます。
引き続き、ご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。また、11月14日付けの朝日新聞朝刊東京版でも
人形損傷の件が大きく報道され、その反響の大きさと注目度に、川本喜八郎の仕事を後世に遺し活かしていく使命を
改めて痛感しております。

どうぞ、「川本喜八郎人形ギャラリー」に足をお運び下さい。人形が皆様をお待ちしています。

※展示の詳細は、ギャラリー内の展示写真と共に後日サイトでご紹介・ご案内いたします。