2013年12月13日
「飯田市川本喜八郎人形美術館」第14回展示替え




12月3日(火)~6日(金)に展示替えを行いました。
12月7日(土)9:30より新しい展示内容となりましたので、お知らせいたします。

今回も前回の「新・三国志英雄列伝序章~」に引き続き、「桃園の誓いから三顧の礼」をテーマに三国志のみ69体の展示と
なりました。「桃園の誓い」「黄巾党蜂起」「宮廷の抗争」「乱世の群雄と連環の計」「劉備と曹操」「紳竜」
「臥龍出蘆」「江東と荊州」と8ケースに分かれて展示されている人形達には、次の展開を予感させる
視線・体の向きなど、工夫が凝らされています。





また、アニメーションゾーンでは、お正月らしい「花折り」など13体、ポージングをお願いした
細川晋氏(東京工芸大学助教)が、どれも動きのある楽しい造形に仕上げてくれました。

ぜひ、ご覧下さい。

■「桃園の誓いから三顧の礼」■「火宅・李白・花折り・不射之射・道成寺・鬼」
三国志 69体人形アニメーション 13体