2013年06月07日
飯田市川本喜八郎人形美術館では6月1日から新しい展示に変わりました。




今回の展示は美術館オープンの時の飾りで、三国志の人形62体が勢揃いし、それは壮観です。
ポージングをNHK「三国志」で曹操など主役級の人形を操演された船塚洋子さんにお願いしました。
人間関係がよりわかるように工夫された展示になっています。当時話題となった、ミニチュアのメカ馬も
お目見えしています。壮大な三国志ワールドを、川本人形で存分にお楽しみ下さい。

新しい主な展示内容は次の通りです。

■「新・三国志英雄列伝序章~」■「死者の書」
三国志 62体 / メカ馬人形アニメーション 9体